【小説】余命10年を読んでの感想・レビュー。小説で初めて泣いた。

【スポンサーリンク】

どーも、こん(kon)です。

今回紹介する本は「余命10年」です。これを読み終わった後、自然と涙が溢れてきて自分でもびっくりしました。

あらすじ

二十歳の茉莉は、数万人に一人という不治の病にかかり、余命が10年であることを知る。笑顔でいなければ周りが追いつめられる。何かをはじめても志半ばで諦めならなくてはならない。

未来に対する諦めから死への恐怖は薄れ、淡々とした日々を過ごしていく。そして、何となくはじめた趣味に情熱を注ぎ、恋はしないと心に決める茉莉だったが……。

平凡な毎日を送っている人に読んでほしい

特にやりたいこともなく夢もない。ただただ毎日を生きているだけという人に読んでもらいたい作品。

 

もし時間が限られているとしたら。

もしもう少ししか生きることができないのだとしたら。

 

あなたはどうしますか?

 

何を選び、何を切り捨て、何のために時間を費やしますか。

 

そういったことがテーマとして書かれている。

 

同じように悩む主人公・茉莉の姿は、きっと今の平凡な毎日から抜け出す手がかりになるでしょう。

自分が死ぬなんてなんて想像もできないけど...

自分が突然、後10年しか生きることができないと言われても多分実感はわかない。

 

というよりもそんなことを言われる想像もしてない。

 

いくら前を向いて楽しもうとしても結局「死」にぶつかってしまう恐怖。何をしている時でもどこにいる時でも。

 

この恐怖は一体どれほどのものなんだろう。

 

考えても分からない。そんな世界の中で本の中で茉莉は確かに生きていた。

 

誰しもがたどり着く「死」という最終地点。 茉莉が死に向き合い、格闘、葛藤していく様子を是非読んでほしい。

 

こんなにも「死」を考えさせられる作品は初めてだった。

特に印象に残った言葉

好きだよって時には誰かに言って欲しい。それだけで生きている実感が持てる。女の子からでもいいや。

好きだよ。

なんていい言葉だろう。それだけで優しくなれる。私も誰かに言おうかな。

多分僕たちは誰かに肯定されたいという気持ちを必ずどこかで持っている。

自分という存在がここにいてもいいんだ。誰かのために立っている。という実感が欲しいんだと思う。

 

だからこの言葉を見たときハッとした。

 

自分の存在が誰にも認められないとしたら僕たちは何のために生きているのだろう。考えたらとても悲しいことだ。

 

誰かに好きだよ。と言われるように生きていこう。

非常に読みやすい文章構成

改行の使い方がうまいのでストレスを感じることなくスラスラと読むことができた。作者の読者を思う気持ちが伝わってきた。

 

長い文を読むのが苦手、小説苦手という方でも読みやすいと思う。

 

この作品は主人公・茉莉の10年という命の話。

 

この手の話でよくあるのが過去と未来を行ったり来たりして時系列がわけわかんなくなることだけどこの作品は全くそんなことがなかった。

 

最初から最後まで読みやすかった。

作者はもう亡くなられている

この作品の作者小坂さんはこの作品の刊行を待たずに息を引き取った。

 

小坂さんと主人公・茉莉は少なからず繋がりがある気がする。おそらく闘病の中で自分が感じたことを作品にしたんじゃないかな。

 

よりリアルに描かれていたのはこれがあったから。

 

病気の中でこれだけの作品を書けるのだから本当に凄いと思う。

 

小坂さんのご冥福をお祈り致します。

まとめ

いつ誰が死ぬかわからない世界の中で漠然と1日1日を過ごすのはすごく勿体無いこと。

 

もしかしたら明日死ぬかもしれない。

それなのに今日というこの日を何もせずに過ごすなんてどれだけ恐ろしいことか。

 

あなたは明日死ぬとわかっていたとしてもその過ごし方をしますか?

 

特に今はスマートフォンの普及によって暇さえあればネット、ゲームをするという流れができている。

 

もちろんそれらを否定する気は無い。

 

趣味なんだというなら思いっきり楽しめばいいと思う。

でもただ暇をつぶすだけの行為は勿体無い。

僕たちは1日の価値をもっと考えなければならないのではないのだろうか。