大学卒業後は働かなくてはならないという謎の圧力

【スポンサーリンク】

どーも。こん(kon)です。

皆さんは就職についてどう考えていますか?

就職するタイミングというのは人それぞれ違いますが一般的には大学を卒業してからということになると思います。

では、「なぜ大学を卒業したら働かなければならないのでしょうか」

働きたくないなら働くな

f:id:kon4:20170610230505j:plain

僕は働きたくないならば働かなくても良いと思います。

は?ニートになれってか?

と思った方、正解です。でも正確にはニートではありません。ニートというのは働く気が全くない人の事を指します。

僕の言うニートとは「自分のやりたい事を見つけるために職についていない人、まさにその道中の人のこと」をいいます。

やりたくもない仕事、働きたくない職場で無理に働くよりもその時間を自分のやりたい事をみつけることに注いだ方がよっぽど有意義な人生を送ることができるとは思いませんか?

それなのに今の日本では大学卒業後は半強制的に就職に駆り立てようとしています。(現に新卒でないと就職が不利になる企業がほとんどですよね。)

どうなってんだ!日本!!

新卒も中途も同じ扱いをするべき

企業側だってどうせ雇うのなら本気で働いてくれる人を雇いたいと思っているはずですよね。それならば新卒だろうと中途だろうと平等に採用するべきではないでしょうか。

やっと自分のやりたいことを見つけて、働きたい企業を見つけることができたのに中途だからなかなか採用されない。そんな世の中は間違っていると思います。

確かに見つけるまでに時間はかかったかも知れません。しかし見つけるまでに時間がかかったこととその人自身が持っている能力、才能は全く関係ありません。ちゃんと能力を見た上で判断してくれる、そんな世の中になるべきです。

新卒採用と中途採用の違い

f:id:kon4:20170610231243j:plain

ここでは新卒採用と中途採用のそれぞれで企業側がどんな人を求めているのかという観点から見ていきましょう。

新卒採用で求められる人材

企業側が求める新卒採用で取りたい人は社会人スキルが高い人です。

最初から業務活動がうまくできる、うまく回せるような人ではありません。鼻からそんなことにはみじんも期待をされていません

ここでいう社会人スキルとはコミュニケーション能力や社会人としての最低限のマナーを心得ている人のことのことです。このスキルを学生時代にどれだけ伸ばすことができているか、そこが重視されます。

中途採用で求められる人材

一方で企業側が中途採用で取りたい人はその分野において専門的な知識がある人、つまり入社してすぐに第一線で働ける人です。

それ以外は新卒で取れるからいらないよというわけです。

そもそも中途採用は穴が生まれた時に埋め合わせのために行われることが多いです。(一部では毎年行っている企業もあるみたいです。こういった企業が増えてきてほしいですね。)

そのためそもそも中途採用で入社することはかなり難しいです。

大学在学中にやりたい事を見つけよう

まだ大学生だという方、もしくは高校生の方は在学中にやりたい事を見つけておきましょう。

残念なことに今の日本の企業は上で書いたように新卒採用の方が中途採用よりよっぽど入りやすいです。

見つけることが早ければ早いほど準備期間を長く保つことができるので就職で有利になるでしょう。

最後に

今は大学卒業後に働かないと中途採用では採用されにくいという流れができてしまっています。

そのためほとんどの大学生が新卒で就職をしなければならないという強制的な圧力をかけられています

新卒・中途関係なくチャンスがある、そんな企業が数多く出てきてほしいです。

また、就職をするという道だけが全てではないということも知っておきましょう。

世の中にはフリーランスで活動して活躍している方、個人でネットビジネスをして稼いでいる方のように様々な方法でお金を稼いでいる方がいます

そのような道があるということを頭に入れておくと視野が広がると思います。 

広告を非表示にする