TAROMEのワイヤレスイヤホン「X3T」を徹底レビュー!BluetoothでiPhone、android対応!!

【スポンサーリンク】

どーも、こん(kon)です。

f:id:kon4:20180111155407j:plain

今回はご存知「X2T」でおなじみのTAROMEから発売されているTAROME(タロメ)ワイヤレスイヤホン「X3T」をレビューしていきます。

完全ワイヤレスイヤホンに興味がある方は是非見ていってください!

とりあえず開封してみる!

f:id:kon4:20180111155850j:plain

ワイヤレスイヤホン本体と、それを充電する充電器、充電コード、予備のカナル、「X3T」の取扱説明書、収納用の袋が入ってました。

充電コードは「X2T」の時と変わらずUSB対応のものですね。

なので、コンセントから充電がしたい!という方は別で変換アダプタを買う必要があります。おすすめはこれですね。

その名の通り急速充電が可能な変換アダプタです。差し込み口が2か所あるので2つ同時に充電することができます。

有名な安心安全AnkerなだけあってAmazonでの評価も4.6/5.0と高いです。

「X3T」ワイヤレスイヤホン本体に注目

f:id:kon4:20180111161009j:plain

見た目だけだと「X2T」と遜色ありません。

大きさも50円玉くらいで重さも5.3gです。超軽量なので、長時間耳につけていたとしても耳が疲れるということはありません。

また、前後ろから見られた時に耳からはみ出たように見えるということもありません。街ではみ出てる人見たことあるんですけど、超ダサいですよね(笑)

唯一見た目で変わっているとすれば「X3T」っていうロゴの部分ですかね。

予備のカナルが充実している

f:id:kon4:20180111162845j:plain

自分の耳に合うように「X3T」では大中小のカナルが2つずつと形状の異なるカナルが1つ用意されています。

これだけの種類があれば耳にフィットしない、ということはまずないでしょう。そして万が一無くしたとしてもこれだけの予備があれば安心です。

「X3T」ワイヤレスイヤホンの性能について

f:id:kon4:20180111163531j:plain

ステルスデザイン採用!

上でも書いたように「X3T」は50円玉ほどの大きさしかないので前から見ても後ろから見ても他から見えることはありません。

完全に隠れています。イヤホンをしていると思われたくない方にはいい機能です。

高音質Bluetoothイヤホンが採用!

Bluetooth V4.2 CSR64110という高音質のイヤホンが採用されているので音質はかなり良かったです。

それにプラスして、CVC6.0ノイズキャンセル機能採用で、通話中周りの騒音を遮断するので音質をさらに向上させています。

正直この値段でこの音質はかなりコスパがいい!!

人間工学に基づいた設計

人間工学によって人間の耳を徹底的に分析し、作られているのでフィット感が凄いです。ランニング等の運動でもまったく問題ありませんでした。

何かスポーツをしながら音楽を聴きたいというかたにおすすめです!

ワイヤレスイヤホンの充電器がおしゃれ

f:id:kon4:20180111172022j:plain

以前の「X2T」では充電器が角角していて決しておしゃれなものとは言えなかったけれど、この「X3T」は丸みを帯びていて可愛らしいです。

近いものでいうと、appleのairpotsみたいかな。外に持ち出しても何も恥ずかしさなく出し入れできるのがいいです!

「X3T」ワイヤレスイヤホンは操作方法が簡単すぎる!

再生・停止 左右いずれかを1タップ
曲送り 右側を2回タップ
曲戻り 右側を3回タップ
音量+ 左側を2回タップ
音量− 左側を3回タップ
受話/終話 着信時に左右どちらか1タップ
拒否 右側を2秒長押し

操作が全てイヤホンのタッチボタンで完結されるので、何をするにしても勝手がいいという印象です。

操作が簡単なのですぐに覚えられますし。

前機種「X2T」の時にはなかった音量調節機能が追加されたのは個人的にうれしかったですね。いちいちスマホを取り出して操作するのは面倒でしたから。

最長で8時間の連続視聴が可能!

一度マックスまで充電させると8時間の連続視聴が可能です。仮に通学、通勤の時に使うとしても十分すぎるほどの容量です。

さらに充電器はバッテリーを内臓しているので、充電器を持ち歩いていれば万が一充電がなくなった時に安心です!

「X3T」ワイヤレスイヤホンの充電方法

f:id:kon4:20180111174849j:plain

充電器の上のカバーを外すと、イヤホンをセットする穴が空いています。そこに差し込んでください。

ちゃんと差込めて、充電されている状態ならイヤホンが赤く光ります。そして充電器の側面もこのように青色に光ります。

f:id:kon4:20180111181147j:plain

また、この写真のようにイヤホンを充電中でも上のカバーは取り外し可能でつけたりはずしたりができます。

外出時はつけて充電するといいと思います。でないとイヤホンが充電器から外れてしまうということもありうるので。

充電が完了すると、イヤホンのランプは青色に。充電器の側面は消灯します。

「X3T」ワイヤレスイヤホンの使い方

「X3T」は「X2T」でも言えたことなんですけど、Bluetooth接続をするまでの手順が簡単ですぐに接続することができるのが特長です。

使い方

1.左側のイヤホンのタッチボタンをLEDが赤色に点灯するまでタッチする。

2.右側のイヤホンのLEDが青色に点滅するまで6秒程度タッチする。

3.スマホ等のbluetooth機能をオンにし、検索をかけ接続を許可する。

「X3T」と「X2T」の違いとは

ここでは「X3T」と「X2T」で何が違うのか。どこが違うのかを書いていきます。

見た目はそんなに変わっているように見えませんが結構中身、性能は変わっているので注意してみてください。

「X3T」と「X2T」の違い

・バッテリー残量がわからなくなった

・充電器がおしゃれになった

・指紋がつきやすくなった(写真見たらわかるよね笑)

・音質が格段に向上した(低音好きにはたまらん)

・音量調節が可能になった

・押しボタンから触るだけのタッチボタンになった。

まとめ

前機種「X2T」から音質の向上と音量調節機能を追加させたものが今回の「X3T」だと思っていいでしょう。

音質が下がってもいいから安いものをという方は「X2T」を。いやいや音質こそが命!という方は「X3T」を。

といった具合にそれぞれにあった選択をしてくださいね。

個人的には音質にこだわるタイプ(特に低音)なので「X3T」がおすすめです!