大学生なら「MacBook」一択!その理由とおすすめのモデルを紹介するよ!!

【スポンサーリンク】

どーも、こん(kon)です。

f:id:kon4:20180405180406p:plain

大学生になれば必要なものの一つにパソコンがあります。パソコンを選ぶ時に全国の大学生が悩むポイントになるのがMacbookを買うか、Windowsを買うかということです。

結論から言ってしまえば、「Macbook」一択です。今回は大学生なら「Macbook」一択の理由とMacbookのおすすめのモデルを紹介していきます。

パソコン選びでどれを買うべきか迷っている方、ぜひ参考にしてください。

Macbookはどこを見ても高スペック

大学生にもなるとパソコンを使う時間が高校生の時よりも大幅に多くなります。人によってはパソコンに触らない日はないというほどです。

レポートの作成やプレゼンの資料作成など、大学ではパソコンを使う機会が嫌という程あります。スマホと同じように生活の一部になるということです。

そんなパソコンにはストレスを感じたくないですよね。ノンストレスで操作できるパソコン。それこそがMacbookなのです。

起動時間がとにかく早い!

f:id:kon4:20180405180816j:plain

起動時間にかかる時間はパソコンを選ぶ時にかなり重要になってくるポイントです。自分が使っているパソコンは「Mac Book Air」ですが、起動までにかかる時間はおよそ10秒です。

電源を入れてから、ネット検索や資料作成にかかるまでの時間が10秒しかかからないということです。他のパソコンではこうはいきません。Macbookと同じ価格帯で起動までに2、3分かかるパソコンも多く存在します。

充電が長持ちで安心!

大学生はパソコンをカバンに入れて持ち歩く機会が多いので、充電が長い方が安心できます。使いたい時に使えないパソコンほど、いらないパソコンはありませんからね。

macbookなら一番小さいバッテリーのものでも最大9時間は持ちますし、一番大きいバッテリーのものなら最大12時間も持ちます。

満タンまで充電していれば大学に入って、パソコンを操作している間に充電がなくなるなんてことは起こりません。

軽くて持ち運びやすい!

f:id:kon4:20180405180652j:plain

ノートパソコンはやはり持ち運ぶことができるのがデスクトップパソコンと比べて大きな利点です。持ち運ぶなら軽いほうがいいですよね。

macbookなら一番軽いモデルで重さは0.92kgと1kgを切っています。

普段持ち歩く授業のテキストと一緒に持ち運んでもそこまで重さを感じないmacbookは大学生にぴったりです。

Macbookはデザインがとにかくおしゃれ

りんご(Apple)のマークが一つ付いているだけという、とてもシンプルなデザインですが、それがお洒落でとてもかっこいい!

カフェでmacbookを開いて作業している時の優越感はたまりません(笑)

もともとのデザインでも十分すぎるほどかっこいいのですが、このデザインに合わせたシール、ステッカーも数多く発売されているので自分だけのmacbookにデザインをカスタマイズすることも可能です。

Macbookは大学生なら学割が効いてお得!

これはMacbookだけに限った話ではないのですが、(imacやipadも)Apple Storeで購入すれば学割が適応されてお得に買うことができます。

1. 対象者について

Apple Store for Educationでは、日本国内の以下対象の学生及び教職員の皆様に割引価格でご購入いただく事ができます。

  • 大学、高等専門学校、専門学校の学生*
  • 上記の教育機関への入学許可を得て進学が決定した生徒*
  • 大学受験予備校に在籍する学生*
  • 小・中・高・大学・専門学校の教職員
  • PTAの役員として活動中、もしくは選出され活動が決定した方

*大学、高等専門学校、専門学校の学生、それらの学校に進学が決まった生徒、大学受験予備校生は父母の代理購入もできます。対象の詳細はApple Store for Education対象教育機関にてご確認下さい。

出典:ご購入条件 - 教育 - Apple(日本)

学生の方向けのページはこちらになります。

学生・教職員価格と学生割引 - Apple(日本)

Macbookおすすめのモデルはどれ

一概にMacbookと言っても三種類のMacbookがあります。「Macbook」「Mac Book Air」「Mac Book Pro」の3つです。

それぞれに利点はあるのですが、今回は大学生が使用するという点に着目してみていきます。

Macbookの概要

f:id:kon4:20180404170530j:plain

このMacbookの一番の利点は軽いということです。他の二つと比べると一番軽いモデルになっています。12インチでその重さはなんと、0.92kgです。

(Macbookは12インチしかありません)

ちなみに13インチの「Mac Book Air」の重さは1.35kg、13インチの「Mac Book Pro」の重さは1.37kgになっています。

もっとも持ち運びやすいモデルだと言えます。しかし、それ以外はいいところがありません。

1.ポートが少ない

パソコン本体の重さを最小にするために、ポートがUSB-cしかありません。一般的なUSBポートはUSB3なので、不便に思うことが多く出てきます。

しかも、唯一のUSB-cポートも充電中は使えなくなるので、実質無いに等しいです。MacbookでUSB3を使おうと思ったら別で変換アダプターを買う必要があります

2.画面とトラックパッドが小さい

画面は12インチですが、これはMacbookの他のモデルの中で一番小さいサイズになっています。これに合わせてトラックパッドも小さいので、初めてMacbookを使うという大学生は使いにくいかもしれません。

Macbook Airの概要

f:id:kon4:20180405165935j:plain

個人的に一番おすすめのMacbookです。自分が使っているMacbookもこの「Macbook Air」です。Macbook Airの特徴は何と言っても安いということです。

大学生で何十万もパソコンにかけるのは難しいと思います。それでも、Macbook Airなら一番安いモデルで98,800円と手を出せる価格で買うことができます。

しかも、性能も抜群です。

他のMacbookモデルと違ってUSB3ポートも用意されてますし、充電ポートも別で用意されてますし。

唯一気になる点を挙げるとすればトラックパッドを指で押す時に音がペコっとなるくらいですかね。他の二つのモデルは感圧タッチトラックパッドなのに対し、Macbook Airはマルチタッチトラックパッドなんです。

この点が気にならないのであればMacbook Airは大学生には十分すぎるほどのパソコンだと言えます。

Macbook Proの概要

f:id:kon4:20180405173631j:plain

Macbookシリーズの中で最も値段の高いモデルがこの「Macbook Pro」になります。

Macbook Proの一番安いモデルでも、2.3GHzデュアルコアIntel Core i5、または2.5GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサを搭載しているので、何をするにしてもサクサク動いてくれます。

とは言ってもMacbook Airのスペックでもサクサク動くのでそこまで注意してみるところではないです。Macbook Proは大学生には勿体無さすぎるほどのスペックです。

先ほども書いたように、このMacbook ProにはUSB-cポートしかありません。そこだけは注意が必要です。あとのMacbook Airとの違いは、感圧タッチパネルトラックパッドで音がしないくらいです。

大学生におすすめのモデルはこれ!

ここまで、それぞれのMacbookのメリット、デメリットについて見ていきました。

先ほども書きましたが、個人的なおすすめは「Macbook Air」です。

安さ、スペック、両方を兼ね備えています。

何か特別なこだわりがない限りは、Macbook Air。とにかく軽いものがいいという方はMacbook、とにかくハイスペックなパソコンが欲しいという方はMacbook Proといった感じでしょうか。

大学生であればMacbook Airで十分だと思います。実際今十分事足りています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いかにMacbookが優れたパソコンなのかということが伝わったでしょうか。ハイスペックなだけでなくオシャレなのがいんですよね。大学生はオシャレが大事ですから(笑)

大学生のパソコンは「Macbook Air」で決まりです!

広告を非表示にする