【厳選】熱くなること間違いなし!おすすめのバンド漫画12選

【スポンサーリンク】

どーも。こん(kon)です。

 

今回はバンド好き、音楽好きの方にはたまらないバンド漫画を紹介しようと思います。

バンド漫画の何がいいのかって?

 

もうとにかく楽器が弾きたくなる!!

そして夢を追いかける姿に熱くなる!!

 

それでは早速行きましょう!

1.風夏

あらすじ

6月から父母がアメリカへ行くことになり、姉妹の勤務先や通学のために東京の高校へ転校してきた榛名優は、同じ高校の秋月風夏と出会う。また、幼馴染であった氷無小雪ともTwitterで連絡が来る。三笠の勧めもあり、優、風夏、三笠でバンドを組むことになる。後で、那智先輩と石見先輩も加わることとなる。

その後、友美先生の勧めでギターを買うお金を得るため海の家でバイトをしている中、風夏と優は距離を縮める。

また、海の家の料理をしていたヤッサンと、優たちの学校の教師である友美先生を含めた3人がニコとタマを除く伝説のバンド『ヘッジホッグス』のメンバーであったことが発覚する。

しかし、優の家の前で小雪と優が会っている写真を撮られ、Twitterで拡散してしまい、学祭でのライブは大変なことになってしまう。しかし、なんとか演奏が終わり、その後ブッキングライブにも呼ばれる。

しかし、そのさなか、事故で風夏が死んでしまい、優の精神的ショックと、自分が(一時的に)バンドを辞めると言ってしまったことで、「優がいないバンドなんて無意味だ」と優がバンドを抜けたと勘違いした三笠が、「優が目当てでバンドに入った」と思い込んだ那智と石見と怒りの衝突。途中、優がメンバーを止めようとするも事態は火に油を注ぎ、さらに悪化していくばかり。結果、大波乱の末に、優以外のメンバーがそれぞれ、「二度とメンバーに会いたくない」と罵り、バンドは解散寸前まで陥ってしまう。

「自分のせいでバンドが崩壊してしまった」、そう絶望した優はもう二度とバンドをやらないと決めた……碧井風夏、彼女に出会うまでは…。風夏 - Wikipedia

 

私自身、最近めちゃめちゃはまった漫画。

 

バンドをやっているとどうしても生じてしまう人間関係の問題、それに伴って起こるトラブルをとてもリアルに表現してありました。

 

音が漫画から飛び出てくるっていうのかな?笑

本当に音が聞こえてきそうなほど迫力のある素晴らしい画力でした。

 

アニメ化もしているのでそっちを見るのも面白いです!しかし、ストーリーに多少の違いがあるので原作から見るのが良いかと思います。

 

2.Eから弾きな。

 

あらすじ

求職中だった神谷三蔵はようやく定職に就くが、ある日、初対面である武藤史子から、ほぼ強引にギタリストにスカウトされる。しかも、ギターなんて全く触れたことがないにもかかわらず、1か月後に迫るライブで演奏しろと、牛骨を渡された。Eから弾きな。 - Wikipedia

必要なのは技術だけじゃない。

相手に見せる弾き方。相手をこっちの世界に取り込む弾き方。

 

楽器を始めたての人に何が大切かを教えてくれる漫画!

 

コメディー要素も入っているので全く音楽に触れたことのないという人でも楽しめる作品になっていると思う。

 

ただ、すでに全3巻で打ち切りされています。とっても面白かっただけに残念です。

 

3.Beck

あらすじ

平凡な毎日に不満を持っていた主人公の少年・田中幸雄(通称:コユキ)は、南竜介との偶然の出会いによって、音楽の世界に入り込むことになる。南竜介・田中幸雄を中心に、バンド:BECK(ベック)・英語名:Mongolian Chop Squad(モンゴリアン・チョップ・スクワッド、M.C.S)が結成され、失敗・挫折を繰り返しながらも、音楽への信念を原動力に一歩ずつ前進してゆく様を描く。BECK (漫画) - Wikipedia

私がギターを弾き始めるきっかけとなった作品

 

主人公は登場時14歳の中学生でどこにでもいる平凡な中学二年生。この設定のおかげで主人公を自分に投影して読むことができた。

 

バンド内での人間関係がうまく描かれているのはもちろんの事、音楽業界のことまでリアルに描かれているのはこの漫画だけではないだろうか。

 

アニメ化、映画化もしているのでそちらもぜひ見て欲しい!

 

4.フジキュー!!!~Fuji Cue’s Music~

あらすじ

憧れのバンド・ブルーベアーズに入れてもらうための条件は、POPミュージック界最高峰の養成高等学校、国立音楽アカデミー(通称JAM)を首席で卒業すること! フジキューこと不死原求(ふじわらもとむ)はまったくの音楽素人だが、持ち前の超ポジティブシンキングで、その難題に挑む!!

ギターなんてまともに弾けないのに国立音楽アカデミーの入学試験に挑む主人公の無鉄砲さ加減が面白い。

しかもその主人公は一曲弾くと必ず弦が切れてしまう。

 

まあそれが面接官の目にとまって面白いやつだっ!と入学できるわけだが笑

 

しかし音楽にかける情熱だけは本物で周りにどれだけ笑われようと自分を持っている主人公には脱帽した。

 

5.ウッドストック

あらすじ

時は現代・東京。世間ではメンバーの顔も正体も全く不明の謎の音楽配信バンド「チャーリー」 (Charlie) が、音楽シーンにて話題を呼んでいた。

主人公・成瀬 楽は引っ込み思案で冴えない運送業者の青年だったが、ロックをこよなく愛し、伝説のロックフェス・ウッドストック・フェスティバルに憧れる人物だった。実は、チャーリーは音楽への強い思いから立ち上げた、楽が1人だけで作詞・作曲・演奏・編曲すべてを行っていたネット上だけの架空バンドだったのである。

そんな中、ライブハウスの店長・新山椎奈や、同じ運送業者で働く町田要と出逢ったことで楽の生活に変化が現れ始める。ウッドストック (漫画) - Wikipedia

バンド組みたいけどあと一歩踏み出せないっ!って人に読んでもらいたい漫画。

 

というのもこの漫画の主人公がまさにそういう人。内気な性格でなかなかバンドメンバーを集めることができずにいた。そんな主人公の成長もこの漫画の面白いところだ。

 

絶対に背中を押してくれるので是非読んで欲しい!

 

6.覆面系ノイズ

あらすじ

歌うことが大好きなニノは、幼い頃に初恋の相手・モモ、そして曲づくりをする・ユズ、2人との別れを経験する。「いつの日か歌声を目印に、ニノを見つけ出す」という2人と交わした約束を信じて歌い続けてきたニノは、高校でユズとの再会を果たす。ユズの所属するバンドin No hurry to shout(イノハリ)のボーカルに誘われたニノは、歌う場所を得て、その歌声に磨きをかける日々を送りはじめる。 一方、モモも意外なほど近くにいた。ニノと同じ高校に通っていたモモは、既に作曲家としてのキャリアを積んでいた。しかし、モモはニノのために作った曲をお金のために売ってしまった自責の念からニノを避ける。覆面系ノイズ - Wikipedia

画力がすごいなと思う作品。

話自体はそれなりに面白かった!

 

しかし、主人公が少し病んでるというか情緒不安定な部分があって途中からおいおいこの漫画大丈夫か?と思うところも笑

 

おそらく好き嫌いに大きく分かれる作品だと思う。私は好きだよ!

 

7.けいおん

あらすじ

唯・澪・律・紬が入学した時点で桜が丘高校軽音部は前年に部員全員が卒業したため部員数が0となり、新たに4人の部員が入部しなければ廃部となる状況だった。そのため軽音部に入部を希望していた田井中律は自ら発起人となり、幼なじみの秋山澪を半ば強引に入部させ、合唱部の練習場所と間違えて二人のいた音楽室にやってきた琴吹紬も勧誘し、部員数を3人にする。そこに軽音部を「軽い音楽をする部活」と勘違いした平沢唯が4人目として入部したことで、軽音部はなんとか廃部を免れることができた。

けいおん! - Wikipedia

バンドブームを引き起こした伝説の作品。

この作品がきっかけでギターを始めたとかよく聞きますね!

 

高校の軽音部が舞台になっているので高校で軽音部だった人にとっては懐かしい青春の日々を思いださせてくれるような作品になっています。

 

がっつりバンド系って感じではなく軽音部の日常みたいな感じです。

 

キャラクターの子達がとても明るい子達なのでみている内に自然と笑顔になること間違いなしです!

アニメ化、映画化もしてるのでそちらにも注目です!

 

8.ソラニン

あらすじ

社会人2年目の井上芽衣子は、将来に希望を感じられずにいた。社会や大人に対し不平不満がありつつ、しかしどうすればいいのかわからないまま、ついに勢いで会社を辞めてしまう。

芽衣子の同棲相手であり恋人の種田成男は、大学時代のバンド仲間である加藤、ビリーと定期的に会い、デザイン事務所のアルバイトの合間を縫ってバンド活動を細々と続けていた。喧嘩し、互いに励まし合いながら、先の見えない生活を続けていく芽衣子と種田。やがて、自身の音楽の才能は平凡と言い張り、逃げの姿勢である種田に対し芽衣子は苛立ちを隠せなくなり「バンドをやってほしい」と自分の思いをぶつける。その芽衣子の一言から種田はアルバイトを辞め、再びバンド活動に熱を入れることを決めた。

ソラニン (漫画) - Wikipedia

 

夢を諦めて安定した生活を選ぶか。

それとも夢を掴むため諦めずに突き進むか。

 

誰しも一度は考えるこの2つの選択。そんな葛藤から始まる物語です。今将来のことでなやんでいる人に是非読んでもらいたい!

 

最初から最後まで涙無くしては見れない作品です。

映画化もしているのでそちらにも注目です。個人的には映画の方がオススメ!

 

9.オトノバ

あらすじ

カート・コバーン、ジミー・ペイジなどマネできない曲は何もないと豪語するギター大好き高校生・星ケ原大助。休み時間は女子にウザがられながらも、ワンマンライブをしつづけている。そんなある日、東京から「世界一のアーティストを目指している」という山寺武彦が転校してきた。大助は山寺をライバル視するようになり、山寺が出る文化祭ライブに出ようとする。しかし大助にはバンドメンバーがいないのだった。

世界一のアーティストになるため、ありとあらゆる曲をコピーしている高校生のダイスケ。東京から転校してきたイケメンの山寺が同じ夢を持っていると知り、対抗心を燃やす。ところがある日、ダイスケは山寺のミュージシャンとしての力を目の当たりにし、ショックを受ける。負けたまま終わりたくないダイスケは、文化祭ライブにバンドで出場して、リベンジしようとするのだった。期待の俊英が描くバンド物語、ついに開幕!!

ギターのテクニックには誰にも負けない自信はあるのにコピーしか未だしたことがない主人公大助のミュージシャンとしての成長を描いた物語。

 

ライバル視する山寺とともに切磋琢磨する姿は熱くなること間違いなし!

 

ただ、音楽をやったことない人からすると音楽用語が分からないという場面があるかもしれません。それを除けばいい作品です。

 

10.日々ロック

あらすじ

高校3年生の日々沼拓郎は勉強もスポーツもできないいじめられっ子であるが、彼には唯一、ロックが残っていた。拓郎は音楽を通してさまざまな経験をし、ロックスターとして成長していく。日々ロック - Wikipedia

絵はそんなにうまくないが泥臭い感じがなんとも言えない。

 

これぞロックンロールだ!という生き様をする主人公拓郎に胸を打たれた。小さい時のあのちょっとしたことで衝撃を受けた日々。そんな日々を思いださせてくれる作品。

 

ロック!恋愛!コメディー!どれをとっても面白いです!!

映画化もしているのでそちらもぜひ見てみてください。

 

11.僕はビートルズ

あらすじ

2010年3月11日。ビートルズのコピーバンド「ファブ・フォー」は、日本のビートルズバンドの聖地である六本木リボルバーと専属契約を結び、「本物のビートルズよりも上のテクニック」をステージで披露する日々を送っていた。ある日、メンバーの一人レイが脱退を告げ、レイを交えた4人での最後のステージを終えた。その後、マコトは六本木駅のホームでレイを引き止めようとするが、考えを変えないレイに激昂したマコトは、電車が入りつつあるホームでレイを突き飛ばし、腕を掴んだことでレイ、ショウ、マコトは三人とも落ちてゆく。反対側のホームにいたコンタも異常に気づき、目を見開いた。

次にショウとマコトが目を覚ました時、2人は1961年3月11日へとタイムスリップしていた。ビートルズがレコードデビューする前の無名の時期である。レイとコンタの姿は見えなかった。マコトは彼ら(ビートルズ)に先んじて、彼らの曲を自分達の曲として発表すれば、彼らがその曲を発表できなくなる代わりに、2010年には存在しない214曲目の新曲を作らせることができ、ビートルズの新曲と自分たちのオリジナル曲を世界のヒットチャートで競わせることができると考え、ショウを説得して行動を起こす。

僕はビートルズ - Wikipedia

バンド漫画では珍しいタイムスリップ物

実在した伝説的バンド「ビートルズ」を尊敬する若者たちの物語。ただ読むだけでビートルズの知識もつくという一石二鳥の漫画笑

名曲が発表される前に自分たちの手で発表したらどうなるのか。そんな疑問を抱えつつタイムスリップした時代で頑張る姿に応援したくなった!

 

12.カノジョは嘘を愛しすぎている

あらすじ

――嘘ばかりつく僕のことを カノジョは「正直な人だ」って言うんだ。

人気バンド・クリュードプレイ(クリプレ)の大ファンである小枝理子は、ある日一人の男性、“小笠原心也”と名乗る人物にナンパされる。理子は彼が鼻歌で歌っていたメロディーに聞き惚れ、彼が元クリュードプレイ(クリプレ)のメンバー(小笠原)秋だと知らずに付き合うことになるが…? カノジョは嘘を愛しすぎてる - Wikipedia

今まで紹介した他の漫画と比べて恋愛要素が多い作品。恋愛漫画が好きでバンド漫画も好きという人にとってはとても面白い作品になっていると思う。

 

こちらも映画化されているのでそちらも見てみてください。

 

まとめ

紹介した順番に意味はありません。

ランキング形式ではないということです。

 

どれも同じくらいオススメの漫画です。どの漫画買おうかな〜、読もうかな〜っと迷った時の参考にでもしてくれると嬉しいです。

 

また、他にも面白い漫画あるよ!っというコメントもお待ちしております。

 

広告を非表示にする