【最新】新型ipad(第6世代)|予約方法・発売日・価格・スペック【まとめ】

【スポンサーリンク】

どーも、こん(kon)です。

新型ipad(第6世代)の発売が発表されました。今回はその新型ipad(第6世代)の予約方法・発売日・価格・スペックについてまとめてみました。

新型ipad(第6世代)の購入を考えている方、是非参考にしてみてください!

新型ipad(第6世代)の概要

f:id:kon4:20180329194454j:plain

スペック

CPU A10 Fusion
ストレージ 32GB
128GB
カラー

ゴールド
シルバー
スペースグレイ

ディスプレイ

9.7インチ Retina 
2,048 x 1,536ピクセル解像度

サイズ 240×169.5×7.5mm
重量

469g

478g

A10 Fusion搭載

f:id:kon4:20180329184301j:plain

64ビットアーキテクチャ。4つのコアを持つ設計に、33億個を超えるトランジスタを持ちます。前回の第5世代はA9プロセッサでした。

この第5世代よりも「CPU性能が50パーセントアップ、グラフィック性能が40パーセントアップ」しています。

Apple pencilに対応

f:id:kon4:20180328175657j:plain

今までappleではipad ProでしかApple Pencilは対応していませんでしたが、今回の新型ipad(第6世代)でもApple Pencilが対応します。

教育の場面で使われることを想定しての対応だといわれています。しかし、一般ユーザーにとってもApple Pencilに対応してくれるのは嬉しいことです。

Apple Pencilを使うためにipad Proを購入したという方はこちらに乗り換えるのもありだと思います。

Bluetoothキーボードに対応

f:id:kon4:20180329185408j:plain

仕事の資料を制作するときや、研究論文を書くときなど、文字の入力を多用しなければならないときはBluetoothキーボードをつけることでパソコンのように早変わりします。

多種多様な使い方ができるという点もこの新型ipad(第6世代)のいいところです。

高画質カメラ搭載

f:id:kon4:20180329190613j:plain

1080pHDビデオが取れる8mpカメラを搭載しています。フロントカメラ、バックカメラの二つのカメラがあるので用途に分けて使い分けることが可能です。どちらもカメラの性能的には変わりません。

手振れ補正機能も搭載されているのでまるで固定して撮影したかのような綺麗な映像、写真の撮影が可能になっています。

新型ipad(第6世代)の本体価格

もっとも安い32GBでWifiモデルの本体価格は第5世代のipadと同じ値段で、3万7800円です。

しかし、購入者が教職員など教育関係者の場合割引されて、3万5800円での販売になります。他のモデルに関しては以下の通りです。

本体価格 Wifiモデル Wifi+Cellularモデル
32GB 37,800円(税別) 52,800円(税別)
128GB 48,800円(税別) 63,800円(税別)

新型ipad(第6世代)の発売&予約日

f:id:kon4:20180329192806j:plain

ドコモ、au、ソフトバンクの大手三キャリアどこも同じ日から予約、発売を開始します。詳しくは公式ページを参照してください。

予約日 2018年3月29日
発売日 2018年3月31日

まとめ

今回発売される新型ipadの魅力は、やはりなんと言ってもApple Pencilに対応しているという点でしょう。

これでApple Pencilに対応しているのはipad Proと新型ipad(第6世代)の二つになったので、Apple pencilメインで購入を考えていた方は、どっちを買うべきか考える必要がありますね。

ipad Proでなくても新型ipad(第6世代)で十分スペックは高いので個人的には新型ipad(第6世代)の方がおすすめです!

広告を非表示にする