【茨城県 いじめ】教育委員会とかいう文科省にいいなりの犬ポジションについて

【スポンサーリンク】

どーも。こん(kon)です。

茨城県取手市に住む女子中学生が自殺した問題で教育委員会の対応が問題となっている件について話がしたい。

ニュースの内容

平成27年11月に「いじめられたくない」と日記に書き残して茨城県取手市立中学3年の中島菜保子さん=当時(15)=が自殺した問題で、同市教育委員会の矢作進教育長は31日夜、両親宅を訪れてこれまでの対応について謝罪した。市教委はいじめがあったと認めて、調査の見直しを検討することを明らかにした。

 同市教委は28年3月、いじめ防止対策推進法が規定する「重大事態」に該当しないと議決した後、第三者調査委員会を設置した。今年5月29日、菜保子さんの両親が市教委に対する調査の中止と調査委解散の申し入れ書を文科省に提出。市教委は30日に臨時会を開き、議決を撤回していた。

 文部科学省は31日、矢作教育長らを呼び、これまでの経緯の報告を受けた上で、調査の枠組みを見直すよう指導。終了後に取材に応じた矢作教育長は「重大事態」に該当しないと議決したことについて、「当時の判断が不適切だった。反省している」と陳謝。遺族の意向も踏まえ、調査の進め方を見直す考えを示した。

 文科省の担当者は「いじめを示すメモや日記があったのに、議決したのは不適切だ」と指摘している。

 菜保子さんの両親によると、菜保子さんは自宅で首をつって自殺。一部の同級生から「くさや」などと呼ばれ、いじめを受けていたという。

出典:http://www.sankei.com/life/news/170531/lif1705310067-n1.html

教育委員会の手のひら返し

f:id:kon4:20170601073209j:plain出典:https://mainichi.jp/articles/20170601/ddm/041/040/127000c?ck=1

いじめには該当しないと教育委員会は議決し、自殺した中島菜保子さんの両親の意見に聞く耳を持っていなかったが、両親が文科省に出入りするとすぐに手のひらを返して、いじめはあったと認めた。

こんなことがあってもいいのだろうか。

教育委員会で行われる議会というのはそんなにも軽いものなのか。文科省に指摘されただけでこんなにも変わるものなのか。ちゃんと調査した上で出した結論なのではないのか

いろいろな教育委員会に対する疑問が湧いてくる、そんな出来事だった。

中島菜保子さんの両親もたまったものじゃないだろう。一度いじめの事実を否定され、文科省に入った途端に教育委員会が謝罪してきたのだから。

娘の遺書とも言えるいじめを示すメモや日記に綴られた必死の言葉を簡単に踏みにじった教育委員会信頼関係はすでに崩れてると両親は語っていたがそれは当然のことだ。

教育長は両親とも会っていなかった

菜保子さんの両親がなんどもあってくれ、話を聞いてくれと言っていたのにもかかわらず、教育委員会のメンバーは一人として現れず、教育長もいじめがあったと手のひらを返してから初めて両親と面会した

このことに関してなぜ会ってくれなかったのかと両親が教育長に尋ねても教育長はただうなずくだけ。謝るだけ。

ちゃんとした理由があるならば言えばいい。いや、おそらくそこに理由なんてなかったのだろう。いじめではないのだからと教育委員会としては既に話が終わっていたのだろう。なんとも悲しいニュースだ。

まとめ

今回のことで教育委員会のこれからの対応に注目が集まるだろう。菜保子さんのこともそうだし、これからのいじめ問題の対応についても。

教育委員会にはしっかりと反省をしてもらって一度よく考えてみてほしい。

自殺しようとまでした人に気持ち、その人の周りで悲しむ人の存在、この人たちのことを一生懸命に考えていたのならば今回のようなことは起こらなかっただろう。

いじめというのはいつになっても存在するし、正直なくなるものではないと思う。それでも何らかの対策はしなければ一向にいじめは増えていくばかりだ。

いじめを起こさないような空気作り、いじめをすぐに発見できるような対策を講じるなど何らかの行動を起こすべきだろう。