【注意喚起】iPhone Xがアップデート後に爆発。原因未だ分からず

f:id:kon4:20181116132437j:plain

どーも、(kon)です。

iphone Xが販売されて半月ほど経ちましたね。画面の綺麗さと操作性にただただ驚く日々を過ごしています。しかし、今日iphone Xの驚きのニュースが入ってきました。

その内容とはアップデートしたiphone Xが爆発したというもの。今回はこれについて詳しく見て行こうと思います。

iphone X 爆発の状況

iphone Xが爆発によってかなり破損しているのが見て取れますね。

今回の事はワシントンで起こりました。アップデートしたバーションは12.1。TwitterユーザーのRahel Mohamad氏によって発覚しました。

Rahel Mohamad氏によるとバージョン12.1にアップデートした直後、iphone Xを掴んだところから異常な発熱を感じ、思わず手を離してしまうほどの熱さだったらしいです。そのあとすぐにiphone Xから発煙し、爆発したとのことです。

爆発した際に使用していた充電器とライトニングケーブルはAppleが販売している純正のものを使用していたそうです。

これについてAppleの対応

f:id:kon4:20181116132756p:plain

Appleはこれについて「全くもって予期せぬこと」とツイートに返信をし、このようなことが起こらないよう、原因究明のため爆発したiphone Xを送るように呼びかけています。

原因が未だ分かっていないだけあって、これからこのような事例が増えてくるのか、それともこの事例1件で終わるのかわかりません。

iphone Xを使っているユーザーの方はAppleからの正式な発表があるまで念のため気をつけて見るようにした方がいいかもしれません。

まとめ

モバイルバッテリーから出火したという事例はよく耳にしますが、iphoneから出火というのはなかなか聞かないので驚きました。

それも販売されて半月ほどの新作での出火。自分もiphone Xを利用しているので少し怖いというのが正直なところです。

Appleからの公式な発表があるまで、寝るときに充電する、目の届かないところで充電する等は控えた方がいいかも知れません。十分に注意して使用していきたいところですね。