大学2年生の僕がヒッチハイクで広島から東京まで旅した時の話

【スポンサーリンク】

どーも。こん(kon)です。

今僕は大学二年生なのですが大学1年の春休み中にヒッチハイクで広島から東京まで行ってきました。

今回はその時の話をしていこうと思います。

ヒッチハイクをした理由

え?なんでそんなことしたのか聞きたいって?

 

聞きたいか?聞きたいのか?

仕方ないなぁ〜

それはもちろん...

 

なんか面白そうだったからです!!

 

やっぱりこれが一番の理由!

昔からヒッチハイクというものに興味は持ってました。

ていうか、男なら誰しもが一度は憧れるものだと思います笑

あの道路で親指立ててHye!!って言ってる感じがたまらなくカッコ良くないですか? 

まあ実際はスケッチブックに行き先を書いて車を待ってただけなんですけど笑

f:id:kon4:20170422122648j:plain

 

お前の親指を立てて道路に立つっていう憧れはどこに行ったんだよ!

って声が聞こえそうだけど、そんなの関係ねえ!

だって、ヒッチハイク関連のブログ見てたらみんなスケッチブックをお勧めしてたんだもん笑

ヒッチハイクに必要な物

ここでは僕が持っていったヒッチハイクをする上で持っていくべきもの、持っていったものを紹介します。

まずはこれ!

f:id:kon4:20170422131350j:plain

大きめのバック、リュックサックです。

ヒッチハイクをする時は日数にもよるけど着替えを多めに持っていくことをお勧めします。

 

え?なぜかって?

そんなこともわからないのかね??チッチッチ

 

それはな〜

 

雨が降って服が濡れてしまった時に必要な枚数ぴったりしか持っていないと困りますよね?天候のことまで考えてこそ一流のヒッチハイカーというわけです。

他に必要なものはこれ。

f:id:kon4:20170422131917j:plain

左からスケッチブック、折り畳み傘、太い字が書けるマジック、スマホの持ち運び可能な充電器です。

 

まずスケッチブックですが大きいものに越したことはありません。僕が持っていったスケッチブックはB4サイズ。大きすぎかな?ぐらいが丁度いいです。

これはガチです。

乗せてくださった方が言ってたんですけどこのサイズでも遠くから見たらよく見えないらしいです。

まあ夜だった、てのも関係してると思うけど笑

 

とにかく相手に見えなきゃなんの意味もないかので大きい物を買っておきましょう。

 

折り畳み傘の必要性については言うまでもないですよね、、、

だよね?笑

 

次にマジック!これもとにかく太い字が書けるものを持っていきましょう。一番初めにヒッチハイクをした時は細いマジックで書いてたんだけどまぁ〜止まらない笑

 

細いものだと当たり前のことだけど見えないんだろうね。

(僕はバカだからそんなことにも気づけなかったわけだが...。)

 

太いマジックは100均に行けば置いてあるのでわざわざ高いものを買う必要はないです。俺は高いものしか使わねえぜ!って変わり者の人は高級品を買っていこうな!

 

最後に充電器なわけだが、

他のヒッチハイカーさんのブログをみると大容量の充電器を持っていこうと書いてあるわけですがここで考えて欲しい。

 

その大容量の充電器がもしきれたらどうするの?

 

もうお先真っ暗だよね!

ヒッチハイク中にスマホの電池がなくなったら心細すぎてヒッチハイクどころじゃなくなります。

 

僕ならどれだけ高い値段を提示されても充電器買うと思います笑

 

そこでです!僕がお勧めするのは電池で充電できる充電器です!!

 

これは電池を利用して充電するから、万が一切れたとしてもサービスエリアで電池を買いさえすればすぐ充電できます。

なんて便利なんでしょうか。しかもそんなに高くない!もう大好き♡

 

あとは着替えとか高速に乗る場合は高速道路のマップとかを準備しておくといいです。ちなみに高速道路のマップはSAに行くと無料で入手可能だぞ!

 

さあいよいよ出発の時だ

午後6時30分、

広島の西条ICからスタート。

あいにく始めた時、

外は雨が降っててめちゃくちゃ寒かったです。

 

が、しかし!!

 

ヒッチハイクをするのは初めてだったからめちゃドキドキしてました笑

もうドキドキしすぎて心臓がドキドキしてた。

...。

......。

.........。はい。

意味わかんないこと言ってすいません笑

 

スケッチブックにとりあえず、

大阪方面と書いて待つこと30分。

建設関係の仕事をしている優しいお兄さん2人組が帰るついでに乗せてくれました!

もう感激です!!

 

正直本当に止まってくれるのかっていう思いもあっただけに乗せていただいた時は軽くはしゃいでしまいました笑

 

仕事の話や彼女さんの話を聞きながら乗せていただくこと1時間。福山SAまで乗せていただきました。楽しい時間は早いもので1時間が1分くらいに感じましたね。

絶対嘘やん。大げさ。と思った方いるでしょう。これほんまです笑 

 本当に楽しかったです。ヒッチハイクをやってよかったと一人目にして思いました!

ヒッチハイク1日目は福山SAで寝泊まり

 福山SAに着いたのは午後8時。腹が減ってはヒッチハイクはできぬ、ということで晩御飯を食べていると二人組の人が話しかけてきました。

 

「もしかしてヒッチハイカーですか?自分たちもヒッチハイクしてるんです」

 

ふぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!

 

まさか同じようにヒッチハイクしている人に出会うことなんて思ってもみなかったからもうめちゃめちゃびっくり!

しかもその二人もさっき知り合ったらしい笑。少し話すと案の定すぐに仲良くなりました。

 

3人で話すのが楽しすぎてまさかの1日目はここで終わるということになってしまったのは想定外だったがまあ楽しかったからよしです笑

ヒッチハイク2日目の始まり

朝7時にそれぞれの場所でヒッチハイクを開始です。ありがたいことに10分ほどで乗せていただくことができました。2人とはここで別れてしまったけど本当に出会いに感謝です!

 

そこから快調にスイスイと進み4人目の方に乗せていただいた時に事件は起きました。

「お兄ちゃん、これ見てくれ」

と、背中を見せてくる運転手さん。なんだろうと思って見てみると...

 

 

びっしり刺青が!!!!!!!

 

 

ひゃあああああああああああああああああ!!!!!!!!!

 

 

 

終わった.....。

と、本気で思いましたね笑

 

 

「す、すごい、ですね」

と、とりあえず苦笑いで返します。

 

するとその運転手さん、

「俺な、昔ヤクザやってたんや。今はもうやってないけどな」

と満面の笑みで昔のヤクザ話を始めるもんだからこっちもビビってたことがアホくさくなりました。内心くそびびってましたけど笑

 

(わざわざ刺青見せる必要なかったやん!!って思ったのは私だけですかね。笑)

 

話してみると本当に面白い方で人を見た目で決めつけるのはダメだなと改めて思いました。過去の過ちを反省して生きているこの人は本当にかっこよかったです!

 

一応書いておくけどヒッチハイクは自己責任で行ってください。今回は優しい元ヤクザさんだったけどもしかすると本物に会ってしまうこともあるかもしれないですから笑

 

愛知県まではほぼノンストップです。

 

おいおい。話が違うぞ?

ヒッチハイクは乗せてもらうのに時間がかかるって書いてあったぞ?

楽勝じゃねえか。と内心思ってました笑。

 

 

がしかし、そんな気持ちはすぐに消えました。

これを見てください。

f:id:kon4:20170422142045j:plain

く..るまが、ないだ.....と..........。

そう。ここはヒッチハイカーが最も恐れる、

人が入ってこないSAです。

 

いやいや、車は少ないが乗せてくださる方はきっといるはずです!

と何人もの人に声をかけました。

が、しかし軽くあしらわれました笑

 

 

車がダメならトラックだ!と声をかけると

「うるせー!俺は今休んでんだ!」

とキレられる始末...。

 

 

途方にくれること1時間30分。

もうダメだ。

僕はここで死ぬのか。と思ったその時でした!!

  

神が舞い降りる!!!!!

 

「お兄ちゃん。東京までいきたいんか?まだ仕事があるけど終わったら送って行ったるよ?乗るか?」

 

なんと!!あなた様は神様ですか?と聞きたくなるほど優しいトラックの運転手が声をかけてくださいました。

 

もう感謝しかないです。しかもこの人の話がめちゃくちゃ面白い笑

私もこんな人になりたいと思えるくらい素晴らしい人でした。

 

結局この人が愛知県から東京の渋谷まで乗せて行ってくれ無事広島から東京までのヒッチハイクの旅を終えることができたわけだけど、本当にこの人がいなかったらどうなっていたのかわからないです。

 

最後に

広島から東京までで乗せていただいた車の数は6台。3日は最低でもかかると思ってたけどまさかの2日目で着くことができました。 

ヒッチハイクは本当に運の要素が強いです。10分程度で乗せてくださる方が見つかることもあれば僕の愛知県での出来事のように1時間、2時間足止めを食らってしまうこともあります。それを頭に入れた上で行ってください。

まあそれを入れても僕は運が良かった方だと思います。

さすが僕です。持っている男はやはり違うと思った旅でした。 

ヒッチハイクというのは世間的に見ればかなり珍しい行為なので面白がって写真を撮ってくる人もいます。正直精神的にくることも多いです。

お金を浮かすためだけにヒッチハイクをしようと思っているのなら一度考え直した方が良いと思います。

 

だがしかしっ!!!

 

ヒッチハイクは普段は会えないいろんな方と出会う数少ない方法で自分の価値観を広げられるので僕としてはかなりオススメです。

どうしよう、やりたいけどなと迷っている人は是非やってみて欲しいです。

きっと新しい自分に出会えます!!!!!

 

今回の話で少しでもヒッチハイクやってみたいなと思ってくれたのなら嬉しいです。 

 

 

広告を非表示にする