【小説】天国までの49日間を読んでの感想・レビュー。天国と地獄どっちを選びますか?

どーも、こん(kon)です。

今回紹介する本は、櫻井千姫先生の「天国までの49日間 」です。

 死んで霊になった安音とお母さんとのやりとりには泣かされます。読んだ後、間違いなく、あなたの心は震えるでしょう。

あらすじ

14歳の折原安音は、クラスメイトからのいじめを苦に飛び降り自殺を図る。死んだ直後に目覚めると、そこには天使が現れ、天国に行くか地獄に行くか、49日の間に自分で決めるように言い渡される。幽霊となった安音は、霊感の強い同級生・榊洋人の家に転がり込み、共に過ごすうちに、死んで初めて、自分の本当の想いに気づく。一方で、安音をいじめていたメンバーも次々謎の事故に巻き込まれ―。これはひとりの少女の死から始まる、心震える命の物語。死んで初めて辿り着いた真実とは―。

学生は是非読んでほしい

この本はいじめが原因で自殺した安音と安音をいじめた5人の周りで起こる悲しくもあり、ほっこりする物語。

 

主人公が学生ということもあり、学生の方は感情移入しやすいと思う。

 

近年、というか遥か昔から学校にはいじめがつきもの。どの学校にも大小はあると思うけど、いじめは存在してるんじゃないかな。

 

原因はほんの些細なこと。

 

なんかムカついたから、からかっていただけのつもりだった、とかね。それでもいじめられる人は死ぬほど辛いわけで。

 

いじめられてる人、いじめている人、ただ傍観しているだけの人、これら全ての人に見てもらいたい。

何か感じる部分があるはずだから。

いじめられる側はもちろん、いじめる側も辛いんだ

僕はね、この小説を読むまでいじめる側なんて楽しんでやっているだけだと思っていたんだ。でも、実はその中にも苦しんでいる人はいた。

 

本当はいじめなんてしたくない。

本当はこんなことしたくない。

だけど、この子を守ったら今度は自分がいじめられるかもしれない。

 

自分を守るために仕方がなくって人、結構いるんじゃないかな。この本では音安の友達が本当はいじめなんてしたくないと苦しんでいた。

 

そして、いじめた後に必ず残るのは虚しさと後悔だけ。

 

それならいじめなんてしなきゃいいと思うかもしれない。でも、そうしたら自分がいじめられるかもしれない。

 

このサイクルがあるからいじめはなくならないんだろうね。いじめに葛藤する少女たちの心情に注目して読んでもらいたい。

天国と地獄、あなたならどちらを選びますか

自殺した安音は霊となって49日間、現実世界に戻ることになるんだ。その中で自分で天国に行くのか、地獄に行くのかを決めることができる。

 

あなたならどちらを選びますか。

 

普通だったら何も考えることなく天国だ、と答えると思うんだよね。安音も最初はそうだった。でもね、安音は最終的に地獄に行くことにした。

 

それはなぜか。

 

是非小説で読んでみてほしいね。49日間の中で変わっていく安音の心情を。

そして読み終わった後に自分で自分自身にもう一度問いてみてほしい。

 

天国か地獄どちらを選びますか、と。

心に残った言葉

誰の心にも、誰かをいじめたい、他人を貶めて自分が安心したい、そんな弱さがある。それが何かのきっかけで表に出てしまうと、他者に対する暴力につながってしまう。

いま世の中にある問題は、すべてこうゆうことだと思うんだよね。みんな自分が可愛くて、安心がほしいだけ。

 

戦争にしても、いじめにしても根本は変わらない。

 

僕らは皆弱い。誰が強いとかないみんな一緒なんだ。そこを勘違いしている人がいるから問題ごとが起こる。

 

いつか自分のことを弱いと認めることのできる人間に僕もなりたい

文章の構成

基本的には時系列通りに順番に話が展開されていくので読みやすくなってる。もちろん思い出とかで過去に戻ることはあるけどね。

 

何よりテンポよく話が進むので、読むのが全く苦にならない。

 

よくあるじゃないですか。いつまでも同じ場面でいかにもページ数稼いでますみたいなのが。この小説はそんなことなく、最後まで楽しく読むことができた。

まとめ

いじめがテーマの小説にしては最後スッキリと終わったので良かった。ドロドロしたまま終わる作品も結構多いからね。

 

この作者は心理描写がとにかく上手い。

 

読んでいて共感できる部分がすごく多いし、徐々に物語の世界に引き込まれていく。

気になった方は、是非読んでほしい。櫻井ワールド全開です!