僕たちは社会に出て扱いやすいように教育されている

【スポンサーリンク】

どーも。こん(kon)です。

つい先日僕の通った中学校で体育祭がありました。いやぁあの頃はよく先生にお世話になったものです笑。先生方あの時は本当に、

ごめんなさいっ笑!!

ちょうど思春期ってやつで反抗したくなっちゃってたんですよね。それがかっこいいみたいに思ってたし笑

そんな感じで思い出にふけっていると嫌いだった先生のある言葉が浮かんできました。

人間には2種類いる

f:id:kon4:20170607191906j:plain

その嫌いだった先生というのは音楽の先生でした。何が嫌いだったのかというと、もうね。とにかくよく怒鳴るのよ、その先生。

僕があまり口を開けずに歌ってたら目の前に先生が手鏡持ってきて30分つきっきりで僕の口見ながらガミガミ言ってくるわけです。そんな先生でしたね笑

完全に僕が悪いんですけど!!

そんな先生に言われた言葉が「人間には早くできるようになる人と後からできるようになる人がいる」という言葉です。

今の教育制度は間違っている

この先生の口癖というのが「今の教育制度は間違っている」ということでした。この言葉の裏には先ほどの言葉「人間には早くできる人と後からできるようになる人がいる」という言葉があります。

つまり、早くできる人はもっと自分の力を伸ばせばいいし後からできる人はゆっくり理解を深めながら進めればいいということです。なぜ後からできる人に合わせる必要があるのか、そんなことを言っていました。

あの頃はこんな話を聞いても、そうですね〜程度にしか思っていませんでしたが今考えると確かにその通りです。

教育制度を改善すべき!

人にはそれぞれ才能というものが少なからず存在します。そしてその才能は人それぞれ異なります。今の教育はそれぞれの才能を無くさせています

確かに一人一人の才能に合わせて授業を行うことは手間もかかるし実際難しいのかもしれません。

それでも何らかのアクションを起こさなければ皆同じような人間になってしまいます。

言い方が悪いですが量産型の人間です。(ホントに言い方が悪いです笑)

特別得意なことはないし、特別不得意なこともないという人です。いいように言えば器用な人だと言えますが悪いように言えば自分だけの武器(才能)を持っていない人とも言うことができます。

しかし、社会に出ればこのような人間が一番扱いやすいのでしょう。つまり社会に出て扱いやすいように僕たちは教育されているのです。

教育に教育されている

f:id:kon4:20170607192506j:plain

僕たちは自分たちが賢くなるために、賢くなるだろうと教育を受けているわけですがそれは間違いです。

僕たちは教育に、社会に出て扱いやすいように教育されているのです。

それは今の教育制度のせいです。才能は言い換えれば個性とも言うことができます。つまり、個性のない人間を育てているのです。それこそが今の教育の役割です。

先生もこのことが言いたかったのでしょう。先生は個性が強い人でしたから笑

これからは個性が売られる時代

今までは特別な才能(個性)がなくてもなんとかやっていける時代でした。というよりもそれが求められていた時代でした。

しかし、徐々にですが変わりつつあります。最近サービスを開始した「Valu」というサービスを知っていますか?

個人で株式が発行できそのやりとりができるというサービスです。(正確には株式ではないですが)

このValuというサービス内ではSNS等のフォロワー数で個人の価値が決まります。あの有名なホリエモンさんは4億もの価値をつけられています。

そういう時代なのです。才能(個性)のない人にフォロワー数は増えません。才能(個性)こそが最大の武器になるし、お金になる時代なのです。

教育に教育されるのも一つの生きる手段だと思いますが抜け出す勇気も大切です。どうか才能を、個性をなくすことなく成長してくださいそれこそが一番の教育だと僕は思います。