まだ悩んでるの?僕がコミュ障を克服できたたった1つの改善法

【スポンサーリンク】

どーも。こん(kon)です。

この記事にたどり着いたということはあなたもコミュ障という大きな悩みを抱えている僕と同類の人間だと思います。

でも安心してください!コミュ障は誰でも治すことができます。ですがもちろん簡単に治せるわけではありません。僕はあなたにほんの少しの可能性を与えられるぐらいです。

逆に言えば簡単に治せるとか言ってる人は信用しないでください。

治せるか治せないかはあなたの行動次第です。僕は治せました。だからきっとあなたも治せるはずです。一緒に頑張りましょう!

僕たちコミュ障が最も悩まされる問題

f:id:kon4:20170703232909j:plain

コミュ障の人が一番悩まされる問題が「何を話せばいいのか分からない」ということだと思います。僕が一番悩んでいたのもこの問題でした。

仲の良い友達だとまだましなんだけど初対面とか知人レベルの人になると一切ダメでした。

今でこそネタとして話せますけど以前は本当にひどかったです(笑)

A君「昨日の雨すごかったよね」

僕「そうだね」

A君「…。」

A君「何してたの?」

僕「ゴロゴロ」

A君「…。」

まあこんな感じです。今思うと相当ヤバイですね(笑)でもこうなってしまうのには原因があったんです。

コミュ障は目立ちたがり屋が多い

人は会話をしている時に少なからず面白い話をしようと思っています。

面白いことを言って面白いやつだと思われたい、つまらないやつだと思われたくないがためについ考えすぎてしまうんです。

要は人によく見られたいということですね。

コミュ障の人はこの思いが他の人より大きいのだと思います。

(僕なんか人の何十倍もこの思いが強かったです笑。まあ今も強いですけど。別にこの思いは消す必要はありません。このことについては後で触れていきます。)

だからこそ会話中に考えすぎてしまって言葉が出てこなくなってしまうんです。

何を話せばいいのか分からなくなって適当に話題を出すのはやめろ

言葉が出てこなくなった時にあなたはどうしていますか?

おそらくほとんどのコミュ障の人は適当に話題を出そうとします。僕もそうでした。

それは沈黙が怖いからです。あの気まずい感じの空気はなかなか耐えられません。しかし、これは全くの逆効果なんです。

薄っぺらい話をいくらしても会話は盛り上がらない

無理やり出した話題で会話が盛り上がるなんてことはまあ起こりません。薄っぺらい質問を繰り返して薄っぺらい回答が返ってくるだけです。

コミュ障「明日は何をしますか?」

A君「買い物に行こうと思ってます」

コミュ障「どこに買いに行くのですか?」

A君「ちょっと原宿まで」

コミュ障「何を買いに行くのですか?」

なんか尋問のようになっていませんか?

これでは盛り上がるわけがありません。相手も不快な気持ちになってより一層話しにくい空気が漂うことになってしまいます。

こんな会話になるわけがないと思いますか?それが不思議なことに僕みたいなコミュ障はこうなってしまってました(笑)

ではどうすれば良いのでしょうか。

コミュ障を治すには話のオチを見据えて会話を始めよう

f:id:kon4:20170703233012j:plain

あなたが「明日は何をしますか?」とA君に聞くとします。このときあなたは何を考えますか?

この答えはたった一つしかありません。

それは「この会話をどこに帰着させるか」ということです。

何を話せばいいのか分からないという状態は話のオチを見つけられないまま話しているからこそ起こっていることなのです。

これさえできるようになればあなたはコミュ障脱出どころか、すごいおもしろいやつだなと思われるようになりますよ。

具体例

明日何をしますか?と聞いて、買い物をします。と返ってきた時点である程度オチを決めてしまいましょう。

ここで多くの人は何を買いに行くのですか?が頭に浮かんでそのまま聞いてしまいがちですが、それはあまりおすすめできません。

もしそれがあなたの興味のあるもので多少の知識を持ち合わせているのだとすれば会話は盛り上がるでしょう。

しかし見当はずれのものだった場合、会話を盛り上げるのはかなり難しいです。オチは自分の話しやすい話題でなおかつ相手も話しやすい話題に持っていくようにしましょう。

大切なことなのでもう一度言います。

オチは自分の話しやすい話題でなおかつ相手も話しやすい話題に持っていくようにしましょう。

この場面では「もしかしてあなたの趣味の〇〇に使うものを買いに行くの?」のように趣味の話にオチを持っていくとお互いに話しやすくなるでしょう。(ここでは相手の趣味を知っているという前提です)

もちろんこれだけが正解というわけではありません。そもそも会話に正解なんてありません。他にもたくさんあるのであなた自身で考えてみてください。

考えた分だけオチを見つけるスピードがどんどん上がっていきます。

最後に

コミュ障は目立ちたがりだと書きましたがそれを直す必要は微塵もありません。目立ちたがりな人は自分のことをよく観察することができている人です。マイナスの要素として捉えるのではなくプラスの要素として考えるようにしてください。

そしてポジティブに考えるということが大切です。僕はもともとはポジティブな性格でした。自分にできないことはないとか本気で思っていました。

しかしコミュ障になってからどんどん暗いネガティブな感情が強く出るようになりました。(なぜコミュ障になったのか。それはいじめが原因です。このことついてはまた別で書こうと思います。)

ネガティブな感情ほどいらないものはありません。全てが悪い方へと動き、悪循環が生じてしまいます。

ポジティブ思考に急に転換するのは難しいですがこう言うことを少しでも頭に入れておくだけで違うので覚えておいてください。