会社に行かなくてもお金がもらえる「ベーシックインカム」が凄すぎる!

【スポンサーリンク】

どーも。こん(kon)です。

みなさんは「ベーシックインカム」という制度を知っていますか?簡単に言うと働かなくても生活を送れる必要最低限のお金を政府からもらえるという制度です。

マジで!?夢の制度やん!!

と思った方も少なくないはず笑。できることなら誰だって働きたくないですよね。

でもお金がないと何もできないからみんな会社でせっせと働くわけです。(自分は大学生なのでまだ社会人の気持ちはわかりませんが笑)

今回はそんな夢の制度「ベーシックインカム」について話をしようと思います!

ベーシックインカムとは

f:id:kon4:20170603214448j:plain

上でも書いたようにベーシックインカムとは生活が送れる必要最低限のお金がもらえるという制度のことです。年齢や性別で金額が変わることはなく全ての国民に同じ金額が一律でもらえます

学生の僕からするとバイトとかをしなくてもお金がもらえると思うとすっげーテンションが上がります笑

しかし日本ではこの制度はまだ導入していません。(というか世界で見ても導入されている国はありません笑。実験的には行われてるけどね!!)

その代わりに何か起きた時にお金がもらえるという仕組みになっています。失業保険や生活保護がこれに当たります。

何か起きた時に個別で給付される制度と何も起きなくてもみんなに給付される制度、この違いをおさえておいてください!

給付金額はいくらぐらい?

まだ導入されている国がないので何とも言えませんが実験的に行われた国での給付額を参考までに紹介しようと思います。

これまでにベーシックインカムが試験導入された国はフィンランド、オランダ、ナミビアなどが挙げられます。

給付額はそれぞれ月に日本円にして約6万8000円、約10万円、約900円です。

900円!?安すぎやろ笑!

と、思った方もいるかもしれませんがそれぞれの国で物価が違うので最低限の生活が送れる金額にも振り幅があります。さすがに日本で900円とか切り詰めても1か月どころか3日ほどで餓死してしまいます笑

ベーシックインカム試験後はどうなったのか

反対多数で否決されたようです。なんで?無条件でお金がもらえるなら絶対賛成やん。と僕は思っていましたがベーシックインカムにはいろんな問題点があるみたいです。

まずそのお金はどこから生み出すのかという財政的な問題、そして誰も働くなるのではないかという労働意欲の問題。この2つの問題が大きかったみたいです。言われてみれば確かにその通りですね。

ベーシックインカムのメリット

f:id:kon4:20170603215056j:plain

では一体どんなメリットがあるのでしょうか。大きく分けて3つのメリットがあります。1つずつ簡単に説明します!

1.労働の自由化

働かなくても一定の給付金を得ることができるのでこれまでのように1週間ずっと仕事をしなくても生活を送ることができます。なので自分の働きたい時に働くことができます。生活できるだけのお金が保障されているので安心して転職もできます

一方で一切働かないという人も出てくるでしょう。(いわゆるニートってやつです笑)

それはそれで良いのだと思います。最低限の生活ではなくより豊かな生活を送りたいという人は働けばいいし、最低限でいいやと思う人は働かなければ良いのです。

ただそうすることで貧富の差が大きく出てきそうですけどね笑

2.ブラック企業がなくなる

ブラック企業だと気づいてもなかなかやめられないのはやはり転職による不安が大きいと思います。

しかし、このベーシックインカムがあれば安心して次の職を探すことができます。そのためブラック企業は会社運営がしにくくなります

人がいないと会社として機能しませんからね

そもそも働かなくてもお金をもらえるのに辛い思いしてまでお金を稼ごうとなんて人間思いません笑

3.結果的に発展につながる

今までは働かなくてはならず自分のやりたいことになかなか時間が使えなかった人がより多くの時間を費やすことができるようになるため文化的・創造的な発展が見込まれます

ストレスを抱えて仕事をする人が少なくなるので労働生産性が大きく上がることも期待されます。

ベーシックインカムのデメリット

f:id:kon4:20170603215232j:plain

次にデメリットについてです。デメリットも大きく分けて3つに分けられるので1つずつ簡単に説明していきます!

1.高齢者の不満が生まれる

これは年金制度がある国に言えることなのですがベーシックインカムが導入されれば一律でお金がもらえるので年金制度が全く意味のないものとなってしまいます。そのため今まで納めてきた高齢者からしたらあまりいい思いをしないでしょう。

2.医療保険等の撤廃

何か起きた時に個別で給付される制度に当たる医療保険と何も起きなくてもみんなに給付されるベーシックインカムが同時に導入されることはほぼ間違いなくないでしょう

そこまでお金に余裕がある国がなかなかないからです。なので最低限の生活を送っていて働いていなかった人は医療を受けることができない可能性があります。

3.財政的な問題

どこからベーシックインカムのお金を持ってくるのかというのが最大の問題点でしょう。働かない人が増えればその分節約しようとしてお金を使う人が少なくなります

となると、当然税の徴収率が大幅に下がることになります。

徴収率が下がればなんとかして税を集めようとして税率が上がることも予想されますよね。このように結局どんどん悪い方に進んでいってしまうことになります。

まとめ

ベーシックインカムは便利なように見えて意外と問題点が多いです。おそらく日本で導入されることはないんじゃないかな。

ただでさえお金が無いお金が無い言っている国ですからね。そんな金があるならもっと税率を下げてくれよって感じです笑

まあでも魅力的な制度ではあると思います。これからもどこかの国で試験的に導入されることがあるでしょう。

そうやって徐々にデータを集めていってどのようなメリットがあるのか、どのようなデメリットがあるのかがさらに浮き彫りになってくると思います。実際のところまだまだ導入には程遠いです。

これからの動向に注目です!!

広告を非表示にする